建築学科の就職先:建築士以外

 
建築学科を卒業したものの、建築設計の仕事に就きたくない学生の方、多いのでは?


「勉強したことが無駄になるのではないか」、「新しい業界も同じように大変ではないのか」、、、



私も大学院の頃、相当悩みました。 そこで今日は、私の同級生の就職状況について紹介します。

建築学科の就職・転職に役立つ本

建築士にならない割合は9割?!

実は、多種多様な分野で建築の知識が求められています。学部時代の同級生を見ると、建築士の仕事に就かない割合は実に9割に上ります。



最もポピュラーな建築設計以外の就職先がこちら(同級生の就職状況から集計しました)
  1. 不動産会社(三井不動産、森ビルなど)
  2. ゼネコンの設備部門(清水建設、大成建設など)
  3. 広告代理店(電通など)
  4. 政府機関/公務員
  5. テレビ局
  6. 建築関連設備会社(TOTOなど)


日本の建築士は長時間労働&安月給

日本は、すでに建築が飽和状態に達しています。なので、設計者になることが必ずしも懸命な選択とは思いません。


毎日夜遅くまで残業して、やっと人並みまたは以下の給料をもらうのは、相当な意力がなければ成し遂げられない技です。



私の先輩で一級建築士の資格も取得したものの、今は不動産デベロッパーの仕事をしている方がいます。彼の講演で印象に残った言葉が:


半年で建築を一つ設計して、300万稼ぐが、デベロッパーとして建物を一つ転売してその10倍の3000万を稼ぐかはあなた次第です。

転職するなら早いうちがいい

「逃げている」と思う必要はありません、自分は設計の仕事が向いてないと思い始めたら、一足でも早く方向転換することをおすすめします。



建築学生の[就活]完全マニュアル2014-2015 (エクスナレッジムック)
星裕之
エクスナレッジ
売り上げランキング: 240,440