有名建築家のコンペプレゼンを見てみよう

 
建築家や学生にとって、Youtubeは最高の友だちです(断言) 安藤忠雄、伊藤豊雄、妹島和世など、有名建築のレクチャーがいつでも好きな時間に見れます。





例えば、「425 Park Ave Competition」というコンペの動画。ニューヨークに建つ、オフィス+商業+ホテルの超高層ビルの、設計コンペの全過程を公開しています。


参加者はOMA、ノーマンフォスター、ザハ、リチャードロジャーズと、超大物ぞろい。彼らのクライアント、ニューヨーク政府へのプレゼンが動画で見れます。


最終レンダリングがこちら:左から:ノーマンフォスター、OMA、リチャードロジャーズ、ザハ。




こちらがレムクルハース(OMA)のプレゼン:




プレゼンの最初に、クルハース自身の著書:錯乱のニューヨーク の表紙を出し、都市のコンテクストから設計した過程かを説明した後、大量のスタディ模型と、街から見たレンダリングを見せています。
  •  ザハのプレゼンはこちら
  • フォスターのプレゼンはこちら
  • リチャードロジャーズのプレゼンはこちら





同じ敷地に対して、それぞれの建築家がどのようにアプローチしているのかを見るのも楽しいです。


そして、気になる優勝は、、、ノーマンフォスター!(一番無難な設計って感じです)


にしても、リアルだなぁ。ザハのレンダリング。本当に建っているみたい。


今日のひと言

Youtubeで、「安藤忠雄」、「伊東豊雄」って検索すると、本人の講演会が山ほど見れます。私も学生時代は、これらの講演会によく見ていました。



しかし、有名建築家がクライアントにプレゼンをするのは、なかなか見る機会がないはず。

「どのように建築を素人であるクライアントに説明しているのか」、
「模型を使ってプレゼンするのか、それともパワポか?」

これらの技術を習得したほうが、私たちの将来、キャリアに本当に役立つのだと思います


日本建築家のクライアントへのプレゼンもぜひ聞いてみたい!見つけた方はぜひ教えてください!