シムシティーで都市計画をの基礎を勉強できる

 


世界中で1億8000万コピー発売された:シムシティ


好きな都市を設計できることで、23年前の発売以来、都市計画、建築志望の学生にこよなく愛されてきました。



私は先日、今年発売されたバージョンを試してみてびっくり。サステンナビリティ、つまり持続可能都市の理念が盛り込まれているのです!

1. エネルギーの入手法で都市の将来が変わる

シムシティでまず頭を悩ませるのが、 エネルギー資源の入手方法:

  • 土地を大量に使い、太陽光発電するもよし、
  • 原子核発電使って、市民から苦情をもらうもよし、
  • 伝統的に石炭を使って、空気を汚すもよいでしょう。


エネルギー資源と交通システムによって、ゲームが進んだ後の都市の空気汚染の度合いが違ってきます。


2. 自分の都市が隣町にも影響を及ぼす

リアルだと思ったのが、自分の都市の汚染が、隣町にも影響を及ぼすことです。こちらの発電施設で事故があったら、隣町の住民の健康も悪化させます。


またまた、エネルギー資源に困窮すると、経済も一気に冷え込みます。

左下が空気汚染が進んだ都市、右が健康的な都市

3.交通システムが都市経済に影響を及ぼす

ゲームでは、公共交通、自転車のみを使った交通システムや、省エネ建築が設計できます。交通渋滞を放置しておくと、空気汚染が進み、経済に悪影響を及ぼすように。


つまり、伝統的な都市をデザインしても、すぐに悲しい結果になるのです。



いかがですが?都市計画や社会学を勉強中の方は、ぜひシムシティで勉強してみてください。実社会はもっと複雑で、なかなか思い通りにはならないですが。



シムシティ [オンラインコード] [ダウンロード]
エレクトロニック・アーツ (2013-03-07)
売り上げランキング: 23

独り言:

ゲーム業界がここまで、都市計画の理念を理解していることにびっくりしました。


私の知り合いで、都市計画専攻だった方が、今はソフト会社の顧問をしている方がいます。徹夜もなく、給料も高い。


シムシティの製作会社EAも、こうした顧問を雇っていると思います。こんなに楽しいゲームを作って給料もらえるなんて、転職しようかな…