いけてる建築家なら使うべきアイパッドアプリ

 
建築もハイテク時代になり、建築家もデジタル技術をマスターしなければいけません。私も色々便利なアプリを知ってます(自慢気)

そこで今日は、スケジュール管理から3Dモデリングまで、建築設計アプリを紹介します!


(1) タブレットでスケッチを描ける:Bamboo Paper



コピックマーカー風のスケッチが描けるアプリ。最近使い始めて、まだ慣れていませんが、その便利さに感激しています。

Bamboo Paper - ノート
無料
(2013.10.17時点)


(2) 写真をコラージュできる:Diptic


複数の画像を一つにコラージュできるソフト。全体像とディテールをまとめて、以降の設計の参考にしています。類似のアプリはたくさんありますが、一応これを使っています。
Diptic
85円
(2013.10.17時点)

(3) ポートフォリオは電子版を持つ時代:Viewbook Portfolio



以前は、紙製のポートフォリオを持ち歩く方も多いですが、今は、IPadで電子版のポートフォリオを使うのが当たり前になっています。

できるだけシンプルのアプリがおすすめです。画像の並べ変え機能、メール機能がついていればOKでしょう。私はViewbook Portfolioを使っています。

Viewbook Portfolio
無料
(2013.10.17時点)

(4) 図面共有&バックアップ:Dropbox 

https://www.dropbox.com/



ドロップボックスがあれば、複数のパソコン間でファイルを移動させる必要がないので、重宝しています。チームでコラボするプロジェクトでは、大変時間が節約できます。

また、ファイルはバックアップにも使えます。これを疎かにして、泣く方をよく見かけます。