学生でもできる!PSでリアルな建築立面図を描く方法

 
こんなかっこいい建築パースを見たことはありますよね?




「どうせプロが作ったやつでしょ...」と思っている方!実は、フォトショップとスケッチアップだけで、学生でも作れます


今日は、その方法を紹介。Alex Hogrefeさんの記事の翻訳です。



ステップ1. 無料レンダリングソフトKerkytheaでレンダリング

まず、Sketchup模型を、Kerkytheaで「クレイレンダリング」します。Kerkytheaは無料でダウンロードできる、市販に劣らないレンダリングソフトで、そのクレイレンダリングは、ワンクリックでできます。

模型がない、またはレンダリングができない方は、フォトショップで下のようになるまで色付けしましょう




ステップ2. 断面線を赤で色づけ

断面の形状を強調するため、赤色にします。 多角形ツールで選択し、 赤色で塗りつぶすだけ。これは簡単。



ステップ3. テクスチャーを貼る

スロープと外壁にテクスチャーを貼付して表現。ガラスは薄青色のレイヤーを透明度50%にします。


(ステップ4. 全体の色味を調節する)

これはなくてもいいステップ。パースに暖かみを出すため、新しいレイヤーを赤で塗り、透明度を20%にします。 そして、いろいろな色の四角を、変形させて貼りつけます。下の効果になれば完璧:



ステップ5. 人の添景を配置する

スケール感を出すため、人の添景を加えます。パースが華やかなので、人はシルエットにします。人の添景をシルエットに変える方法は:PHOTOSHOPで、イメージ> 色調補正 > 色相・彩度を選択し、明度 一番左(一番暗い)に設定するだけ。




ステップ6.完全パース!



いかがでしたか?ちなみに人や木の添景が欲しかったら、以下ががおすすめ。この手のデータは最低1万くらいするのに対し、これはなんと3000円代。