建築家が教える!5日間でフランス建築、都市計画を堪能する旅計画

 


建築学科の学生や建築家なら、必ず行くべき ヨーロッパ建築旅行。


そこで今日は、5日間でフランスの有名建築をめぐる旅行計画を紹介します。行く前に、一度予習してくださいね。



建築、都市計画に絞ってありますので、ショッピングを楽しみたい方は、1日、2日多く滞在しても楽しいでしょう。


では早速。

1日目:パリ市内建築観光

フランスに到着した一日目。パリ市内を満喫しましょう。雑誌で見た有名建築が集約している地区です。


パリのおすすめ建築と建築家といえば:コルビジェ。しかし、コルビジェばかり見ても設計の実務には生かせにくいので、ジャンヌーベル、レンゾピアノ、リチャードロジャーズの近代建築も必見!

  • エッフェル塔周辺、Trocadero(トロカデロ)
  • Musée du quai Branly(ケ・ブランリ美術館。ジャン・ヌーヴェル設計)
  • 25 bis Rue Franklin(フランクリン通りの集合住宅。Auguste Perret設計)
  • 凱旋門(Arc de Triomphe)
  • シャンゼリゼ通り(Champs Elysées)
  • コンコルド広場(Place de la Concorde)
  • アンヴァリッド前広場(l'Esplanade des Invalides)


夜は、フランス映画ムーラン・ルージュの舞台にもなった、Pigalle(ピガール)地区を散策したり、ボヘミアンなレストランが集約するMontmatre(モンマルトル)周辺での食事がお勧め!

2日目:パリ市内建築観光

2日目は大学が集まるパリの学生街を見学しましょう。商業施設よりも長く続くよう設計されていますので、建築の勉強に役立つはずです。
  • Pavillon Suisse(スイス学生会館。ル・コルビュジエ設計)
  • Pavillon du Bresil(ブラジル学生会館。ル・コルビュジエとルシオ・コスタの共同設計)
  • Ozenfant Atelier(アトリエ・オザンファン。コルビュジエ設計)


Latin Quarter(カルチエ・ラタン)地区では、以下を見学します:
  • Arab World Institute(アラブ世界研究所。ジャン・ヌーヴェル設計)
  • Centre Pompidou(ポンピドゥー・センター。レンゾ・ピアノとリチャード・ロジャース設計)



午後は、セーヌ川沿いを散策しましょう。美しいです。
  • Louvre museum(ルーヴル美術館)
  • Notre Damme Cathedral(ノートルダム大聖堂)あたりを散策するのがお勧め!


3日目 VILLA SAVOYE(サヴォア邸)観光

3日目、いよいよコルビジェのサヴォア邸を見学します。Poissy(ポワシー)にある、世界最も有名な住宅行ってもいいでしょう。


サヴォア邸の後、時間に余裕があれば、以下もおすすめ!
  • Louis Carré House(ルイ・カレ邸。アルヴァ・アアルト設計)
  • Fondation Cartier(カルティエ財団。ジャン・ヌーヴェル設計)

4日目 パリ市内建築観光

4日目は、パリ全体の絶景を堪能します:
  • パリのビジネス街:La Defense(ラ・デファンス地区)にある、Grand Arche(グランダルシュ。Otto von Spreckelse設計)の最上階から、パリの街を一望しましょう。
  • Bibliothèque nationale de France(フランス国立図書館。Dominique Perrault設計)

5日目:余裕があれば、ロンシャンへ


パリから車で5時間と少し離れていますが、時間のある方は、Notre Dame du Haut Chapel(ロンシャンの礼拝堂。コルビジェ設計)をみましょう。




最後に、建築家におすすめなフランス土産を紹介します:フランス建築に関する日本未入荷の本!です。お手頃ですし、インテリアとして飾っておけるほどおしゃれ。フランスに着いたら、ぜひ本屋さんによってみてくださいね。