気になる建築材料:光を通すコンクリート

 
重くて暑苦しいコンクリート。それが光を通したら素敵だとおもいませんか?



この光を通すコンクリート。最新の建築材料ではありませんが、人をあっと言わせるには十分でしょう。



この材料はLiTraConと呼ばれ、2001年にハンガリー建築家Áron Losoncziと科学者によって発明されました。


プレファブでできた材料は、普通のコンプリートの中に、光ファイバーが通っています。お茶室とかに使えたら素敵ですよね。


こちらのサイトによると:強度は通常のコンクリートの2倍で、鉄筋との併用も可能。日本では、住田光学ガラスが独占製造・販売権を取得しているそう。