有名建築家の設計手順:スティーブンホール編

 

皆さん、有名建築家の設計方法、気になりませんか?


どのペンでスケッチし、どのソフトでモデリングし、どの建築雑誌を読んでいるのでしょう。

いつも思うのが、ビジネスで成功している人の仕事術に密着した本はあるのに、有名建築家の仕事術についての本がほとんどありません。


(設計は天賦だと思っているのでしょうか?)



アメリカの建築家、スティーブンホールの設計方法を紹介した記事を見つけましたので、紹介します⇒元記事


スティーブンホールってだれ?って思った建築学科の学生は、反省してください(笑)




夜に寝て、朝に設計をする。

面積、高さ、建築ボリューム、セットパック…、建築設計には、何千もの制限条件を考えなければいけません。


スティーブンホールは、前日の夜にこれらの条件を頭に入れ、寝てしまいます(!) 寝ている間に、これらの条件が頭の中に吸収されると考えているからです。


そして、次の朝一番に設計にとりかかるんだそう。

設計は朝のラフスケッチから始める


スティーブンホールの建築は、朝一番に描くスケッチから始まります。


朝起きて一番に、心地良い音楽をかけ、緑茶を一杯入れて、ラフスケッチを描くんだそう。鉛筆でスケッチし、その後水彩で着色します。


これをもう30年も続けているんだとか。鉛筆だけでは、建築の大切な部分が表せない気がするんだそうです。


スケッチはとても重要だと考えている

スティーブンホールはこう語っています:

スケッチは考えるプロセスです。21世紀はデジタルが建築設計を支配する時代ですが、このことで「心と手のつながり」が薄くなるのではないかと心配しています。


スケッチをスタッフに送り、図面化する



ここからが羨ましい限りの話ですが、


満足のいくスケッチができたら、事務所のスタッフに送り、それを元に、3D模型や図面が一晩で作成されます。


韓国の空港でアイフォンでスケッチを送り、飛行機でニューヨークに着いた頃には3Dモデリングが出来ていたこともあるんだとか。



いかがでしたか?建築家は正直夜中活動する人が多いので、結構珍しい朝派のスティーブンホールでした。

余談

私はアメリカの大学院時代にスティーブンホールのレクチャーに行ったことがあります。お笑い芸人も顔負けのギャグ連発で、会場を笑わせていました。Youtubeで彼のレクチャーがありますので、頑張って見てみてください。