一番リアルに設計を伝えられるのが、 レンダリング 。 3Dmax、レンダーワークス、Revit、Shade…レンダリングソフトは多いですが、私の経験上、 一番簡単に、素早くレンダリングを作れるのが: スケッチアップ+プラグイン です。

スケッチアップのレンダリングプラグインを比較してみた

 
一番リアルに設計を伝えられるのが、レンダリング

3Dmax、レンダーワークス、Revit、Shade…レンダリングソフトは多いですが、私の経験上、一番簡単に、素早くレンダリングを作れるのが:

スケッチアップ+プラグインです。

そこで今日は、SketchUp模型をレンダリングできるプラグインを比較。

光、材料、質感を一切調節せず、スケッチアップ模型をワンクリックでレンダリングしています。

元のスケッチアップ模型

V-Ray



Maxwell for SketchUp


SU Podium


Indigo Renderer


個人的にはMaxwellが一番好きですが、V-Rayが一般的です。どれもプレゼン用に解像度の高いファイルをエクスポートできます(これ重要)
 
Copyright ©