プレボやポートフォリオをレイアウトするのに、何を使っています? 私が最もおすすめしているので、インデザ。 大幅に時間を節約できますので、「InDesignを使わない事務所には就職しない方がいい」と思い始めるほどです。 今日は、インデザインでレイアウトする時のメリッ...

建築プレボのレイアウト・ソフトはインデザがおすすめ

 
プレボやポートフォリオをレイアウトするのに、何を使っています?

私が最もおすすめしているので、インデザ。

大幅に時間を節約できますので、「InDesignを使わない事務所には就職しない方がいい」と思い始めるほどです。

今日は、インデザインでレイアウトする時のメリットについて。

1.インデザインとは?設計する時の流れ

フォトショップ、イラレと同じ会社が作るソフト。

設計する時は、まず個々の図面をフォトショやイラレで作って、その図面インデザインでレイアウトし、文字を入力します。

パワポと機能が似ていますが、インデザは、余白など細かく設定できるので、パワポよりかっこいいレイアウトになります。

2.インデザのメリット

では、フォトショップやイラレとくらべてのインデザのメリットはなんでしょう?まとめてみました。

ファイル形式を変換する必要がない

1つの建築設計で、PDF形式、AI形式、PSDなど、さまざまなファイル形式ができますが、インデザなら、ファイル形式を変換することなくレイアウトできます。


ファイルがリアルタイムに更新ができる

インデザでは、個々のファイルを「リンクする」形式をとっているので、元のファイルを更新すれば、インデザ・ファイルも自動的に更新されます。

つまり、締め切りギリギリまでデザインを更新できるわけです。

レイアウトを統一するのに便利

インデザインで図面名や説明を入れると、文字サイズ、フォントを一気に変更できます。

全ページに日付を入れて印刷すれば、ミーティングで、「どっちが最新の案なんだろう」って分からなくなる心配がありません。

これが文字を個別のフォトショップで入れたらどうなると思います?「個別のファイルを開いて、文字スタイルを更新して保存し直す」とか、気が遠くなる作業だと思いません?


いかがでしたか?インデザインで劇的にデザイン力が上がるわけではありませんが、効率化に大変役立つソフトです。

学生は個人で設計することが多いので、ありがたみが分からないかもしれませんが、会社で複数人で設計する時に、個別に図面を描きながら、誰かがレイアウトを始めることができるので、締め切り直前に徹夜することが極端に減りますよw




 
Copyright ©