設計手順を紹介するシリーズ。 BIG設計の科学と医学研究所「Paris PARC」。フランスのJussieu大学主催のコンペで優勝しました。非常に丁寧なボリューム操作をしていますので、自分の設計にも応用できると思います。 BIGの公式サイトの説明を翻訳します。 ...

設計プロセスを見ると設計が上達する

 
設計手順を紹介するシリーズ。

BIG設計の科学と医学研究所「Paris PARC」。フランスのJussieu大学主催のコンペで優勝しました。非常に丁寧なボリューム操作をしていますので、自分の設計にも応用できると思います。


BIGの公式サイトの説明を翻訳します。


まずはレンダリングから↓




コンセプトは、学術とビジネスをつなげ、そして大学と都市のつなげること。




プログラムは、実験室、オフィス、その他(カフェ、本屋など)。
床面積は15000平米
高密度なキャンパスに中にある
南北はIMAの広場と公園に隣接し、東西はキャンパスの既存建築に隣接する。
Jussieuキャンパスの緑地軸上にある








高密度なキャンパス内にあるため、ボリュームは最大限に大きくする。






建築に風と光を入れるため、アトリウムを設置する。
自然換気が必要なオフィスは建物の外側に
機械換気が必要な研究室は、アトリウムに沿って内側に配置する。



周りの建物と高さをマッチさせるため、建物の一角を低くする。




隣接する建物と距離を保ち、光と風の通り道を確保するため、ファサードの一面を内側に変形させる。




反対側のファサードも同じように、光と風の通り道を確保するため、二つの角を内側に引き込む。




IMA広場側のファサードを5度傾けて、ノートルダム寺院とパリのスカイラインを映し出す。



建物の一角の高さをあげることで、公共の入り口を作る。この入り口はアトリウムとIMA広場を視覚的につなげる役割も果たす。


公園側のファサードを内側に押し込むことで、入り口の屋根を作る。




一階の床は、折り目がついた絨毯のようにする。



峡谷を彷彿とさせるアトリュウムには、光が降り注ぎ、研究者、訪問者、企業のアイディアの交流を促す。




屋上は緑化することで、この建築によって分断されたIMA広場と公園のつながりを再構築し、パリ市の大パノラマを市民に提供する。


模型↓


 
Copyright ©