建築エスキスの効果的な進め方を紹介します。 学校の課題向けのものなので、実務とは要領がちょっと違うかもしれません。 では早速。 エスキスとは? 建築のコンセプトが決まったら、何回も修正して、やっと完成すると思いますが、この何回かの修正を「エスキス」と呼びます。 ...

学生向け!建築エスキスの定義と効果的な進め方

 
建築エスキスの効果的な進め方を紹介します。

学校の課題向けのものなので、実務とは要領がちょっと違うかもしれません。

では早速。

エスキスとは?

建築のコンセプトが決まったら、何回も修正して、やっと完成すると思いますが、この何回かの修正を「エスキス」と呼びます。

エスキスは、先生やTAに意見を言ってもらうのが普通で、自分で案を修正するのは私はエスキスとは呼びません。


効果的なエスキスの進め方1.ある材料は全て持っていく

エスキスで用意するものは、

設計の初期段階なら「スケッチや簡易な模型」、時間が進むともっと洗練された図面や模型などを持っていきます。

これがなきゃだめ、という決まりはありませんが、ある材料は全て持っていきましょう

材料が多い方が話が盛り上がりますし、エスキスをしてくださる人も忙しいはずですから、前回までのあなたの設計を覚えていない可能性が高いからです。

また、「言われた意見が前に作った設計だった」なんてことも免れます。


効果的なエスキスの進め方2.前回のエスキスより設計を進展させる

提出までに、何回かエスキスがあると思いますが、毎回「新しい設計を持ってくる」のがマナーです。

なぜなら、「この前意見を頑張って言ったのに、全く反映されていない」と思われるのは、かなりエスキスをしてくれる先生や先輩の心象を悪くします。

そんな設計に対して情熱がない人の案に対して、もう真面目に意見を言おうなんて思いません。

高校までと違って、大学ではこういうマナーがけっこうシビアに評価されるのです。


効果的なエスキスの進め方3.一番最初に自分の意見をフルに述べる

エスキスで一番怖いのは、エスキスをしてくれる人がこっちが意図しなかった方向に勝手に突進していくことです。

私も、エスキスをしてくれる先輩がコンセプトを聞いて、気に入ったのか、「こういう設計がいいよ」と勝手に180°違う案を提案してきた経験があります。

先輩だったからよかったものの、先生だったら大変です。給料もないのに、他人の案を具現化するほど苦痛なものはありません。


それを防ぐコツは、最初に自分の考えをフルに述べること

具体的には、「こういうコンセプトがしたくて、こういう形になって、今これで悩んでいる」の三点は必ず述べましょう

特にコンセプトを共有すると、話がそれにくくなります。


効果的なエスキスの進め方4.エスキスはアイディアのキャッチボール

授業では黙って先生の話を聞くことが多いですが、エスキスでは積極的に会話して下さい。

いくらすごい先生でも、黙って案を出されてアイディアが浮かぶわけではありません。あなたが会話力で先生の知恵を引き出すのです。

先生に自分の考えをフルに伝え、先生の話がいいと思ったらさらに掘り下げて聞き、先生が思わぬ方向に進みそうだったら失礼にならないように引き戻す、、、

エスキスでは会話力がとても重要になるのです。

大変ですが、仕事をした後もとても役立つ能力です。会社は上司との付き合い方次第で人生が決まる場所ですから。

一番の勉強方法は、先生が気に入っている学生を見つけて盗み聞きすること。実力があって、年上と生産性が高い会話がちゃんとできるから気に入られるのです。



効果的なエスキスの進め方5.逃げるは恥だが役に立つ

大学時代、最終提出の二週間前にエスキスが設けられることがありましたが、真面目な人でも雲隠れしていました。

この段階で予期しかなかった方向にエスキスが進んだも、修正する時間がないからです。

その時は勇気持って、エスキスを欠席しましょう。


いかがでしたか?

エスキスの準備では、未完成の図面を一つのプレボに配置したり、プリントアウトしなければいけないので、けっこう余計に時間がかかります。

しかし、設計で一步先に進むためには、それまで頭の中にあるものを一度全部吐き出して、目の前に並べるのがとても大事なのです。

なので、エスキスには必ず行って下さいね。この一手間が確実に案をよくするのです。

 
Copyright ©