学校ではパソコンのみで乗り切れますが、建築実務では、 手描きができないと大変困ります 。設計を同僚に伝えられませんし、お客さんからも疑いの目で見られます。 「手描きはもう重要じゃない」ように言われることもありますが、スケッチがうまいと、間違いなく就職で大きなアドバンテージ...

建築の手描きスケッチがうまくなる方法

 


学校ではパソコンのみで乗り切れますが、建築実務では、手描きができないと大変困ります。設計を同僚に伝えられませんし、お客さんからも疑いの目で見られます。

「手描きはもう重要じゃない」ように言われることもありますが、スケッチがうまいと、間違いなく就職で大きなアドバンテージになります(断言)

今日は、建築スケッチのコツを紹介。


どの程度うまければいいのか?

まず、はっきり言って、こんなにうまい必要性はありません。

これはパース屋の仕事です↓



大事なのは、アイディアが伝わるか。下のようなスケッチで十分。「うまい」よりも、「分かりやすい」のが大事です



スケッチ上達のコツは2つ

建築のスケッチが上達するには、この2つを練習します。

まずは直線を描く練習。定規なしでほぼまっすぐに引けなければいけません。こつは「細かく上下に線を揺らすこと」揺れながら、線の方向を調節するのです。


このように↓


その際、筆圧が均一になるよう注意しましょう。下の悪い例では、線がかさなっていたり、ゆれが均一じゃないのが分かります。





また、線の両端は交差点で止めずに、数ミリ長めに引きます。こうすると、なぜかかっこよく見えます。このように:







線の練習ができたら、次にパースの練習をします。

下図のように、二点消失や一点消失でボックスを描きましょう。さきほど紹介した線の両端のはみ出しを忘れずに。






次に、影をつける練習をします。奥の方は密に、手前に行くに従ってだんだん疎にします。






最後は、このようにボリュームをどんどん描いていきましょう。思い通り描けるようになったら合格です。




更に裏ワザを1つ紹介。

線の太さを変えることでメリハリをつけましょう。下図のように、0.3mmや0.5mmのペンでスケッチしてから、0.8〜1mmのペンで断面線や手前の線を数箇所なぞるのです。





実際の作業を動画で見てみよう

建築スケッチ動画
建築スケッチのコツを教えてくれるYoutubeチャンネル。建築家向けにほどよく省略化されているので、実戦で非常に役立ちます。「スケッチが苦手」な方でも、「これならできるかも」と思えるはず。

上のリストにある動画は「基礎の基礎」なので、全部見ましょう。英語なので、誰か字幕を付けてください。全日本の建築学科生から感謝されるはずです。


 
Copyright ©