下手したら平面図や立面図よりも奥が深い コンセプトダイアグラム 。 学校でも求められますし、実務でもよく描かされるでしょう(涙) しかし、系統的に教えている教材はほとんどありません。 そこで、数回に分けて 建築コンセプトダイアグラムの描き方 を紹介していきます。 ...

建築コンセプトダイアグラムの描き方 1:ダイアグラムの種類を参考事例と共に紹介していくよ。

 
下手したら平面図や立面図よりも奥が深いコンセプトダイアグラム

学校でも求められますし、実務でもよく描かされるでしょう(涙)

しかし、系統的に教えている教材はほとんどありません。

そこで、数回に分けて建築コンセプトダイアグラムの描き方を紹介していきます。

コンセプトダイアグラムの実例から、描く時に気を付けることをまとめています。


最初にコンセプトダイアグラムを描く目的を決める



まず、今から描くダイアグラムの目的は決めなかればいけません

目的地が分からないと出発はできないのでw


ほとんどの場合、以下のような目的でダイアグラムを描きます。
  1. パブリックとプライベートの関係を示す
  2. 複数案を比較する
  3. 建築が生まれた過程を示す
  4. 設計した建築の構成を示す
他にもあると思いますが、これらが最も一般的です。

では、それぞれの実例を見ていきましょう。ダイアグラムを勉強する一番の方法は、「ダイアグラムの実例を見ること」なので(断言)。


ダイアグラムの参考事例を見てみよう

パブリックとプライベートの関係を示すダイアグラム

建築では、パブリックとプライベート空間の関係を非常に大事にします

建築はある意味「ライフスタイル」を設計するものなので、個人と大衆の関わり方は非常に重要なのです。


こちらは、OMA、レム・コールハース設計の図書館の断面図。


黒がプライベート空間(本など)、白がパブリック空間(読書スペースやカフェ)を表しています。

白黒のような真反対の色は、グラフィック的にインパクトが大きいですね。

断面図でダイアグラムを描けるのを覚えておきましょう。

ちなみに、OMAのダイアグラムは分かりやすく、実際に建った建築も多いので、ダイアグラムと実際の建物を見比べると非常に勉強になります。


複数案を比較するダイアグラム


複数の案やを比較したい時に、同じ方法で描いてから並べると分かりやすいです。

上はThe Endless City(Ricky Burdett著)という本から。現代都市を直感的なダイアグラムで表しているので、都市計画の勉強になります。

上のず香港、ニューヨーク、メキシコシティ、ロンドンの地図で人口密度を示しています。

香港の人口密度がかなり高いのがひと目で分かりますね。数字で示されるよりも分かりやすいと思いません!


建築が生まれた過程を示すダイアグラム


私がよく参考にするのデンマークの事務所「BIG」の「Faroe Islands Education Centre」のダイアグラムです。

建築が生成したプロセスを示しています。


左の図ではこの建築に入る「プログラム」を並べています。右の図では、それらのプログラムの建物での配置を表しています。

このダイアグラムから以下が分かります:


ワンフロアに一学科あること、、、、
どの学科も丸い公共空間空間を囲むように配置されていること、、
各学科独自の出入り口を持つこと。


文章で説明されるよりも説得力がありますね。

ちなみに、BIGはこのようなコンセプト模型を公式サイトで多数公開していて、とても参考になります。

建築の構成を示すダイアグラム


同じくBIGのアクソメ(平面と立面二面を同時に示す図面」)です。

建築を分解して、縦に並べています。

アクソメだけでも十分情報量が多いですが、このように分解して中身を見せると、「実体模型と同じくらい建築の構成が分かりやすい」のではないでしょうか。

作り方はこちらの記事で紹介しています。


 
Copyright ©