某W大学の建築学科時代、「意匠系」に進学した同級生が志望する「 理想の就職先 」といえば、

「意匠系」の就職先を比較してみた!仕事内容、給料、将来性について

 
某W大学の建築学科時代、「意匠系」に進学した同級生が志望する「理想の就職先」といえば、

  • 現実的な人→スーパーゼネコン(大成、鹿島、竹中、清水、大林)
  • 現実的に設計が好きな人→組織設計事務所(日建設計)
  • 夢とお金がある人→スターアーキテクトの事務所
  • 設計能力が足りないけど、設計をしたい→ハウスメーカー
という感じでした。

同窓会や風のうわさで、それぞれ就職先の長所、短所、給料が大体分かるようになったので、ちょっとまとめてみます。就職や転職を考えている方に役立ててくもらえばと思います。

スターアーキテクト設計事務所

安藤忠雄、伊東豊雄の事務所、または将来彼らになる可能性がある方の事務所。毎日終電まで残業して月給が組織事務所よりけっこう安いので、夢とお金がある人向きです。

もう1つ。強いテイストがあるということ。例えば、ザハ・ハディットの事務所に就職したら、ザハ風の建築を作り続けなければいけません。よっぽどそういう建築が好きでない限り、かなり苦痛でしょう。

しかも、そのスターアーキテクトが亡くなったらどうなるのでしょう。事務所の顔がなくなって経営困難に陥らないだろうか。失礼だけど現実的な問題です。私はなんか不安で残業する気になれません。

スーパーゼネコン

大成、鹿島、竹中、清水、大林の五社の設計部。年収も40代で1000万を超え、オフィスも特Aクラス。収入的には申し分ないので、行けるなら、両手両足を挙げるべきです。

ただ、就職した同級生のプロジェクトを見せてもらったが、「清く正しくミスなく」という感じ。確かに、プロジェクトの規模は大きいが、「デザイン性」はスターアーキテクトや海外の組織事務所と比べて劣ると思います。実際、「建築の中身をゼネコンに設計させて、ファサード は海外の設計事務所に頼む」クライアントもかなりいます。

さらに残業も多い。「残業して土日遊びに行く時間がないからお金ばかりたまるよ」と同級生はぼやいていました。

ただ、ゼネコンは施工が主な収入源なので、設計部の地位が低いのが気がかりです。将来役員になりたい野心家建築士はハードル高そう、、、無理ではありませんが。


日系組織設計事務所

日建設計や日本設計など。ゼネコンと差はないと思っていましたが、日建に就職した同級生によると「スーゼネより設計がたくさんできる」そうです。

世界の建築設計事務所の売上ランキングで、日建が常にトップ5に入っているのを見ても、多分そうなのでしょう。ただ、デザイン性は海外の大手事務所よりやはり下だと感じます。

設計が大好きで収入的にも安定したい」方が一番に考えたい就職先ではないでしょうか。


大手ハウスメーカー 

ハウスメーカーに就職した友達が、口口に言うのが「設計がつまらない」こと。確かにハウスメーカーはテンプレートを微調整するだけなので、クリエイティビティが必要なさそうですね。

なによりゼネコンや組織設計事務所に転職したい場合、大規模なプロジェクトの経験が必須となるので、難しそう、、、

管理職にならない限り一生住宅ばかり作ることになるのでしょうか、、、気になるところです。



番外編:海外組織設計事務所

Gensler、HOK、SOMなど。おしゃれな建築が作りたい、しかも収入的に安定したい方に一番おすすめな就職先。

日本支社もありますが、香港にアジア本部を置く会社が多いです。私の知り合いにも、香港で働く日本人建築士がいます。オフィスは100万ドルの夜景を見れる場所にあり、出張もビジネスクラス、なにより外国人はサバサバしているので、残業が少ない。

香港なら近いのでホームシックになる可能性も低いのではないでしょうか。

ただ、香港で働く場合、ネイティブほどペラペラでなくても、ビジネス英語力が必要です。中国語は不必要だそうです。

また、外資系なので重要な役員は外国人が占めています。

 
Copyright ©