かっこいい建築模型を作るコツは、 模型の素材を2種類以内 にまとめること。そこで、よく使う建築模型材料をまとめてみました。 模型作りにおすすめの教材 サクッとわかる建築模型のつくり方 :基本(カッターの使い方、材料の選び方など)を勉強するのにおすすめ。 建築模型...

実例で見る!建築模型でよく使う素材

 
かっこいい建築模型を作るコツは、模型の素材を2種類以内にまとめること。そこで、よく使う建築模型材料をまとめてみました。

模型作りにおすすめの教材

サクッとわかる建築模型のつくり方:基本(カッターの使い方、材料の選び方など)を勉強するのにおすすめ。


建築模型でよく使う素材

スチレンボード



建築模型で最もよく使われる素材。柔らかいフォームに紙が貼られているため、表面がなめらかなうえ、カッターでも切りやすい。


こういう風にライトアップさせてもかっこいいです。



ボード紙



スチボより安価な紙素材。グレイボード(灰色)で地形をよく作ります。ちょっと表面がザラザラしているので、土っぽいのもGood。ただ、薄いので、かなり重ねないといけません。



木材


森林に建つ建築は、木材で作ると雰囲気が出ます。バルサが最もよく使われますが、バルサは柔らかく折れやすく、表面もあまり滑らかではありません。

そのため、予算がある場合は、シナノキが好まれます。手触りがよいので、仕上がりがきれいです。なにより切りやすい!



インテリアも温かみが出ていい感じ。



ミュージアムボード 

スチボより硬いが、高級感がある素材。一番良く使うのが、黒のミュージアムボード。切り口も黒いので、何の処理をしなくても真っ黒い模型が作れます。でも30分切っていると手が麻痺してくるので、面積が小さい建築を作るのにおすすめ。


スタイロフォーム


敷地模型やボリュームスタディーでよく使う素材。模型の土台作りにも使います。ただ、ジェッソを塗らないといけないので、案外時間がかかります。


アクリル模型


非常に美しい模型が作れるますが、レーザーカッターがないとできません。価格恐ろしく高いです。



コルク


地形作りにおすすめの素材。厚さも1mm、3mm、5mmなどさまざま。

 
Copyright ©