大学時代、50%の時間はフォトショップと一緒に過ごしました。模型写真の修正、レンダリング、プレボのレイアウト、ポートフォリオ作り、、、プレゼンになくてはならない良きパートナーです。 今日は、設計でよく使うのに、みなさんが案外知らないだろうフォトショップ機能を紹介します。「自由...

意外と知られていない!建築プレゼンでよく使うフォトショップの機能

 
大学時代、50%の時間はフォトショップと一緒に過ごしました。模型写真の修正、レンダリング、プレボのレイアウト、ポートフォリオ作り、、、プレゼンになくてはならない良きパートナーです。

今日は、設計でよく使うのに、みなさんが案外知らないだろうフォトショップ機能を紹介します。「自由変形」などの基本は省きますね。


白をもっと白く、黒をもっと黒くする

手描きスケッチをプレボに載せる時によく使う機能。スケッチをスキャンした後、フォトショ内で「紙をもっと白く、線をもっと黒く」調節すれば、スケッチがより「くっきり」します。

PSでの操作:「イメージ>色調補正>レベル補正」。左のスライダーを中央に寄せれば、黒が最も黒く、右のスライダーを中央に寄せれば、白が白くなる。




写真をシルエットに変える


添景(人や樹木)をシルエットにたい時の機能。「写真の添景しか持ってない」場合、Photoshopで調節すれば、シルエットになります。ただ、背景が透明な添景にしか使えません。

PSでの操作:イメージ> 色調補正 > 色相·彩度を選択し、明度 一番左(一番暗い)に設定する。




添景を加える

人や樹木を図面に入れる場合、1つ1つ貼り付けるのではなく、ブラシツールで「スタンプ」する方が早いです。 ブラシの透明度を変えると、添景も濃くなったりします。上の図は3クリックで瞬時にできます。

PSでの操作:こちらの過去記事からお好きなブラシをダウンロードし、フォトショップに読み込む。方法はちょっと複雑なので、「フォトショ ブラシ 追加方法」で最新情報を検索してください。




パノラマ写真を作る


複数枚の写真を一枚のパノラマ写真に合成できる機能。敷地に高いビルがあったり、通り沿いの建築を全て撮りたい場合、一枚の写真にはとても入りきりません。この機能なら広角レンズよりきれいな画像ができます。


PSでの操作:[ファイル→自動処理→Photomerge]で、ダイアログボックスを開き「参照」をクリッく。 合成する写真を複数選択し、「レイアウト:自動設定」「画像を合成」にチェックを入れ「OK」をクリック。

ちょっと複雑なので、フォトショップ パノラマ写真」で検索してください。



今日はここまで。随時更新しますので、よかったらブックマークしてください。
 
Copyright ©