グラスホッパーを知ったのは、建築設計事務所 BIG の建築家と会ったとき。その人は設計ソフトはもっぱらGrasshopperを使っているとのこと。 その時は、Rhinocerosも知らなかったので、「?」でしたが、最近だんだんGrasshopperの良...

Grasshopperとは?建築で使うメリット、設計時間は節約できるかについて

 





グラスホッパーを知ったのは、建築設計事務所BIGの建築家と会ったとき。その人は設計ソフトはもっぱらGrasshopperを使っているとのこと。

その時は、Rhinocerosも知らなかったので、「?」でしたが、最近だんだんGrasshopperの良さがわかってきましたので、今日は分かりやすく紹介します。




Grasshopperの設計の原理

Grasshopperは、Rhinocerosのプラグインです。今までの建築ソフトと違い、電池と電線のようなものを操作していきます。



Rhinocerosで生成した模型(ピンク色の模型)を見ながら、左のGrasshopperを操作したり、逆にGrasshopperをいじって、リアルタイムに模型の変化を見ることができます。



ところで、Grasshopperは「パラメトリックデザイン」と言って、いままでの建築のソフトとかなり違います。

例えば、「直線を等間隔に1000本描きたい」という場合、

CADなら、配列複製機能を使いますが、Grasshopperはこう命令を出します:「線を等間隔にX本描きなさい、ただしXは1000とする

数学が苦手ならすぐに拒否反応を起こしそうですが、Grasshopperは、電池と線を使って簡単に操作できます。

この時点ではCADと製図時間は同じか、むしろ長いでしょう。しかし、「1000本ではなく、500本描きなさい」と設計変更があったらどうでしょう?

CADは、元の線を消去して、もう一度作業をしなければいけませんが、GrasshopperはXの数値を500にすれば、一瞬で新しい模型が完成します。



実例で見てみましょう


Hangzhou Stadium(NBBJ + CCDI設計)

Grasshopperで設計された、中国の「ハンヂョウスタジアム」の例を見てみましょう。

Grasshopperの画面がこちら↓

上半分がGrasshopperモデル。下半分が建物の平面はそのままに、トラスを21、24、36などと変えてできた模型です。

CADだったら別々に模型を6個も作らなければいけませんが、Grasshopperなら、数値1つ変えるだけで1秒でできます。

これがGrasshopperの最大の価値:

建築をある法則に従って設計できる

のです。都市計画でも活用されているそうです。

こちらの本でより多くの使い道を紹介しています:

製図時間は節約できるのか?

ところで、Grasshopperは、CADより製図時間が短くなるのでしょうか。

答えは、短くなるかもしれないし、同じかもしれないし、逆に長くなるかもしれません。プロジェクトによって使いわけなければいけません。


いかがでしたか?一見難しそうですが、アメリカの大学では選択授業となっているので、チャレンジしてみてはいかがでしょう。


 
Copyright ©