私が学生時代に犯した間違いが、「この建築のここがいい」、「あの建築のここがいい」と、好きな建築の局部をつなぎ合わせて設計しようとしたことです。 これでは一気に細部に目がいってしまい、絶対に設計がまとまりません。 設計の第一步は、鳥になって、空中からボリューム・スタディを...

設計力が上達する方法2:建築ボリュームスタディをマスターしよう!

 
私が学生時代に犯した間違いが、「この建築のここがいい」、「あの建築のここがいい」と、好きな建築の局部をつなぎ合わせて設計しようとしたことです。

これでは一気に細部に目がいってしまい、絶対に設計がまとまりません。

設計の第一步は、鳥になって、空中からボリューム・スタディをしましょう

今日は、その方法について。



建築ボリュームスタディの定義

ボリュームスタディとは、

建築の概形を何パターンか決めて、その中から最適なものを1つ選んで、更に細部を設計していくことです。

ボリュームスタディの際は、細部にはこだわらず、「ブレインストーミング」する感覚で、15分に一つ案を出すくらいのスピード感がいいでしょう。


使う材料は、粘土、手描きスケッチ、積み木など、思いついたことをすぐに形にできる素材であれば、なんでも構いません。

ちなみに、私の上司は、その時テーブルに転がっているもの(スタイロの切れ端、消ゴム、ペン、ホッチキス)を使っていました。

フランク・ゲーリーは紙を丸めるそうです。




豆腐か、はんぺんか?

ボリュームスタディの最低限の目標は、「自分の建築がどういうプロポーションになるか」を知ることです。

設計では、参考事例を見つけることが多いと思いますが、同じプロポーションの事例を選ばないと破滅します。

また、案を全面的に変えなければいけなくなった時でも、このプロポーションを覚えていれば、スムーズに改定できます。


ボリュームスタディはどの程度まで進めればいいの?

これは案によります。

例えば、こちらのBIG設計の病院(Hospice Sondergard)のダイアグラム。これもボリュームスタディの一種です。



こういう形態の建築にしたい場合、個別のブロックのサイズと並び方を中心にスタディします。それが終われば、ブロックの中身は単純なので、設計の山場は超えたことになります。

この場合、「ほぼ最後までボリューム・スタディをした」ことになります。


一方、もっと一般的な建物は、タワーがあるべきか、それとも低層があるべきかなど、建築のプロポーションをたくさんスタディします↓


この場合は、「設計の初期段階にボリューム・スタディをした」と言えます。

ボリュームスタディの勉強方法

ボリュームスタディをできるようになるには、「建築が生まれた過程を紹介しているダイアグラム」を見るのが参考になります。


このサイトでもいくつか紹介しました:
特にBIG Architectsのダイアグラムは非常に参考になります。


敷地分析を徹底的にしてから

ところで、ボリュームスタディをするために、敷地分析が欠かせません。

人が多くアクセスしてくるポイントを建築でブロックしてしまったり、逆に人が少ない方角に正面を持ってきてしまっては建築家失格です。

敷地分析の方法についてはこちらの記事で。

では。


 
Copyright ©